いい人生をどうぞ 
リラックスカントリー
充実した生活情報提供ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
不妊治療の悪循環
 子供を授かりたいという親の気持ちは痛いほど判ります。今回の体外受精の受精卵取り違えも酷い話です。被害者の方の心中も察するに余りあります。只、素人なりにですが、純粋に現在の不妊治療という名の手法を考えてみるとかなり疑問を感じました。体外受精というのも、もっぱら男性側に不妊の原因(精子の運動率が悪い)に対する治療法との事ですが、何となく極めて対症療法的な治療(?)という印象を受けます。治療というのは本来は直す事であるべきで、こうした場合には精子の運動率を改善するのが本来の治療と言えるのでは無いでしょうか。現在のところはそうした治療方法が存在しない為に、取り敢えずは人為的に受精させようという事で普及している妊娠手段であって、それで子供が授かれば御夫婦としては満足であってめでたしめでたしとなるのでしょう。しかし、授かった子供さんが男の子だった場合に、やはり精子の運動率の悪い成人男性になる可能性が大きいのではないでしょうか。そうするとやはり対外受精で子孫を残すしかなくなるとすると、将来的にはこの手段に頼らざるを得ない人間が相当な割合を占めていくようになるのではないでしょうか。何しろ、運動率の悪い精子が遺伝で引き継がれていくのでしょうから、言ってみれば劣性遺伝を強制的に繰り返していく羽目になるのではないでしょうか。こういう形で人類の存続をしなければならないというのは不自然な感じがしますよ。もっとも、何が原因か判りませんが世界的に男性の精子の運動率が低下しているらしいので当面はこうした手段に頼るのも仕方がないかも知れませんが、抜本的な方策としては何故こうした現象が起きてきているのか究明とそれに対する解決策を探るなんでしょうね。これは相当に本腰を入れて世界的に行っていくべき事だと考えますよ。
スポンサーサイト



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ikymd.blog32.fc2.com/tb.php/421-71d28411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。