いい人生をどうぞ 
リラックスカントリー
充実した生活情報提供ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
黒澤 明
 強風や寒さで外出できない休日は、読書か昔の映画をビデオ等で見て過ごすのが私の定番になっています。映画は何といっても黒澤明監督の映画が一番ですね。「羅生門」のおどろおどろしさは中世日本の妖しさが溢れています。「どん底」は昔の貧民の悲惨な暮らしぶりもかくやと言わんばかりの真実味に満ちています。「隠し砦の三悪人」、「用心棒」、「椿三十郎」、「七人の侍」はアクション映画のお手本のような展開の早さ、痛快さに時間の経つのを忘れます。「どですかでん」は個性ある人間の博覧会のような映画で、登場人物の誰かの中に必ず自分の持つ一面が出てきて、我が身を振り返り反省させられます。「影武者」、「乱」はストーリーも素晴らしいですが、映像美の美しさはルキノ・ビスコンティにも負けていず、静止画としてみても感嘆させられます。もっとも、黒澤監督の全30作の中で、これはNHKが現在黒澤特集をやっている中での調査結果ですが、上位にあるのは全てモノクロ映画ですから、結局はカラーかモノクロかというのは映画の評価では大した問題ではないんでしょうね。尚、興ざめの話になりますが、昔の日本には黒沢監督の映画に登場する騎馬の合戦の様な戦いを可能にする馬は存在せず、精々ロバ程度の大きさの日本産の馬しかいなかったというのが事実のようですから、「乱」に出てくる西部劇の様な騎馬軍団による合戦シーンは本来ありえないシーンなんですね。それでも、いいんですよ。映画ですから。見た人間に元気を与えたり、人生を考えさせたり、してくれればいいんですよ。人を考えさせあるいは楽しませ、想像力をかきたてさせる天才、黒澤監督を次ぐ人に出てきてほしいですね。
スポンサーサイト



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ikymd.blog32.fc2.com/tb.php/402-5646f829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。