いい人生をどうぞ 
リラックスカントリー
充実した生活情報提供ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
絶景!標高24000mのオリンポス火山
火 星 の 土 地 火星は北半球が殆ど平原の一方、南半球は高原地帯で、極端に言えば「洋ナシ」のような形をしています。
地球の半分ほどの半径ですが、月の半径の2倍あります。惑星としては小型です。
2006年夏、NASAが次世代ロケットの名称を発表しました。
その名は「アレス(Ares)」。ちょっと耳慣れない言葉ですが、火星の別名だそうです。
これまでのスペースシャトル型は終了となり、次世代はかつてのアポロ計画のように大型ロケットに
よる計画になるらしく、特に火星探査を想定した「AresⅤ」は全長110メートルの巨大ロケットとか。
この名称も有人火星探査への意気込みを込めての名称なのでしょう。

火星の土地は米ルナエンバシー社の「地球圏外不動産」として月の土地に続きご紹介しています。
現在販売中の「火星の土地」は北半球に位置しますが、平原と南の高原地帯のちょうど狭間のあたりになります。
1500キロほど離れてはいますが、近くには太陽系一といわれる標高24キロ、直径600キロのオリンポス山があります。
きっと絶景でしょう。


スポンサーサイト



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ikymd.blog32.fc2.com/tb.php/171-a29a2a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。