いい人生をどうぞ 
リラックスカントリー
充実した生活情報提供ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
野菜スウィーツ
 女房がスウィーツに目が無いものだから、私までスウィーツ党になりました。

又、女房は昔から菜食系で、私はどちらかというと独身の時は肉食系でした。
結局、結婚してから、肉3:野菜7ぐらいの食生活にさせられました。
恐らくはそのお陰でしょうか、病気とは縁遠くなりました。

 更に女房にとっては、野菜でもオーガニックがご所望で、毎食は無理ですが
たまにはやや高いオーガニック野菜を食べさせてくれます。

ここに、オーガニック野菜のスウィーツがありました。女房の理想とする最強無敵のスウィーツでしょう。

ベジロール・トマト、だったんソバ茶ロール、枝豆チーズケーキ、キャロットチョコフラン
フォンダンショコラブラン、カボチャとアズキのパウンドケーキ、タマネギクッキー、
ハートのマドレーヌ・・ 
 まだまだあります。





充実した生活情報提供ブログTOPへ
スポンサーサイト
リラックス カントリー 生活スタイル
火星の土地
 火星人の写真が巷で話題になっていますね。
テレビでも取り上げ、駅売りの新聞にも載っていました。私もチラッと見ました。

NASAが公開した写真だそうで偽造ではないんでしょうが、一体、何なんですかね。
確かにそれらしく見えますね。

 これは実際に行ってみないと判りませんね。
どうせ行くなら、折角ですから移住に備えて土地でも買っておきますか。

実際に火星の土地を売っているんです。
火星ばかりか月や金星の土地も売っているようですよ

一坪2円~3円程度です。子孫の為に1000坪程度でも購入しておけば、
およそこれ以上は無いくらいの夢のあるプレゼントになりますね。
ひょっとすると、数世代後には環境破壊で地球脱出する羽目になるかもしれないし・・・・







充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
絵本
 私の高校時代のサッカー部の先輩で、絵日記を描いて、しかも人に見せてくれる無邪気な人がいました。
気持ちの純粋な素直な人だったんでしょう。

絵心は誰にでもあります。只、絵の上手い下手もあります。
よっぽど自信がない限り、人の目にさらすのは照れ臭いのが普通でしょうね。

 しかし、自分の子供に手作りの絵本を与えられたら、
これは親としては最高のプレゼントでしょうね。






充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
雪のような塩
 スキューバダイビングをやります。
国内でしか潜っていませんが、潜る時は常に沖縄です。

 きっかけは、昔、学生時代(30年以上前)に沖縄本島に行った時に、その透明度にたまげたのが始まりです。

 今は、本島ではかなり透明度が落ちました。でも、離島では大丈夫。!
だから潜る時は石垣島や宮古島が多いです。

 又、このエリアは腕のある料理人が気合を入れて店を出しています。
特にイタリアンの美味しいお店が結構ありました。
「この沖縄・八重山エリアをヨーロッパの地中海に対抗ぐらいの食文化エリアに育てたい!」なんていう頼もしいメッセージも雑誌で見た事がありました


 そんなこんなで、宮古島からの帰りには美味しい塩を買ってきたものです。
その名も「雪塩」です。





充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
ランドセル
 「ランドセル背負って♪~」と、子供にとって小学校に入る時の喜びは、ランドセルを買ってもらった時に最高潮になるんでしょうね。
 
 只、私のかすかな記憶では、日によってはなんか変に重く感じたり、遅刻しそうになって走った時に、ランドセルの中身が「ガタガタ」して走り辛かったような思い出があります。
 
総じて、「窮屈な感じで余り背負いたくないな」というイメージが強く残っています。
背負った時の姿勢にも問題があったのかもしれません。

今の自分の体形を形作るのに何らかの影響を与えたのか、なんて考えるといまさらどうしようも無いものの、少し落ち着かなくなります。 
 
 個人差もあるでしょうが、成長期の子供にとって、不自然な姿勢を強いられたりする事が良い訳はないですね。猫背の原因にもなっていたりしたら大変です。

 そう思っていたら、最近いいランドセルを見つけました。
⇒こどもと一緒に成長するランドセル。
⇒肩の位置をランドセルが自然体に近い状態に導き、肩甲骨を整える。
⇒自然に肩のラインにフィットし、背負う時の一番軽く感じられる状態に重心を導く。
等々と、良さそうですよ。





充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
北海道
 西新宿にあるやや高級居酒屋(?)の「北海道」という店によく行きます。ここの食べ物はやっぱり何を食べても美味しいです。大体、北海道の食材というのは豊富ですよね。カニ、イカ、ホタテ、鮭、鰊、ホッケ、イクラ、タラコ、昆布といった海産物、ジャガイモ、アスパラ、トウモロコシといった農産物、羊肉や豚肉に鹿肉といった肉類、バターにチーズやアイスクリーム等の乳製品、日本酒もワインもビールも最高です。当然にスウィーツ類も豊富です。大体におしゃべりの多い身内での会食も、この時ばかりは会話よりも食べる方が完全に優先してしまい、満腹になってから会話が始まるぐらいです。(ちなみにデパートで催事として行われる地方物産展の類でも品数の豊富さや試食の満足度でも「大北海道物産展」程の右に出る物は無いと思っています。)そして、食後の「アイスクリーム」の美味しさといったらありません。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
メール
 先日、電車の中で乗客の観察をしたら、10人中5人から6人は携帯電話に掛かりっきりであった。殆どがメールのやり取りなのかな。最近流行の携帯小説を読んでいる人も中にはいるのかもしれないが。パソコンの持ち主は職場や自宅でもメールにかなり時間を割いているのかもしれない。しかし、人間は便利になると横着になるから、些細な事でメールを使って連絡を取るのに馴れてしまうと、一回で済むところを何回にも分けて結局効率の悪い連絡をしているに違いない。(これは、自戒の意味も込めて。)これが習慣になると、一日に何回もメール確認を行う事で、物凄く時間の無駄使いをする羽目になる。悪い姿勢で微量とは言え放射線を浴びながら、あんな細かな文字ばっかりを見ていれば、目にも身体にも良い訳が無い。又、効率の悪い事に馴れると恐らくは頭も悪くなるな。これを打破する為には、敢えてメールを見ないのも良いかもしれない。本当に緊急の連絡には、直接に伝わる電話を使いたくなるのが人間の心理だと思う。それでないと不安になる筈だ。又、メールの発信回数も少なくする様に心掛けると無駄なメールを送らなくても済む。PCや携帯に支配されている状態から、少しはまともな人間らしさを取り戻せるかもね。「若者よ、書を捨てて街に出よう!」という言葉を昔、作家で活動家の小田実が言っていたが、今は「世の老若男女よ、一時、パソコンと携帯を忘れて生活しよう!」だ。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
音楽を聴いて育った米の話
 例えば、胎教に音楽が良いという話は聞いた事がありました。只、この話は私なりの解釈では、母親の体調を良くするのに効果があって、結果として胎児の為になるのだというものでした。これとは別に、植物に音に反応する能力があるという話も聞いた事があります。これは、全く理解できないのですが、私が肯定も否定も出来る筈もありません。只、生物の一種である人間が音楽を心地よいと感じるのであれば、同じ生物の動植物が同じ様な反応を示すとしても、不思議ではないのかもしれません。仮に知性が無くても、生物として外界に反応して生きている以上、音楽というか空気の振動(波動)が何らかの影響を与えるという仮説も検証する価値はあるかもしれません。実証されれば、畜産業や農業に役立つかもしれません。ここで実際に音楽を聴いて育った米の話です。商品名は「さとわ米」といいます。品種はコシヒカリで産地は島根県の出雲町で標高500mの土地です。奥出雲の自然水と鶏糞を肥料にして、且つインド伝承の音楽「ガンダルヴァヴェータ」を聴かせて育てたというお米です。私も知人から少しだけ分けてもらって食べましたが、甘みがあって確かにおいしいと思いました。話の種にとかあるいはグルメで純粋に興味のある方は以下のHPからも購入できるとの事です。
http://www.docorp.jp/satowa/


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
週末の早寝
 週末はどうしても飲み会があったりして練る時間が遅くなりがちですね。私もそうです。しかし、そうなると休日の朝に起きる時間が遅くなり、朝食は遅くなり排便も今ひとつ、行動全体が遅いスタートになって、もったいない時間の使い方になります。あっという間に夜を迎える羽目になります。生活のリズムもやや狂うので、体調も狂いかねません。やはり、週末も平日ほどではなくても、早く起きるに越した事は無いと思います。私も今までは、土曜日の朝に起きる時間は9時過ぎでした。大体、平日は5時半に起床しているのですが、週末に多少遅く寝たにしても、9時は遅すぎました。一度7時台に眼が覚めてからの2度寝が良くないし、余分だったんですね。かえって寝疲れしますね。気持ちが睡眠に飢えているだけで、身体は案外そんなことは無いのかもしれません。それで、最近は7時半には起きています。概ね、快調で順調な休日に変わりつつあります。今後もこのペースでいきます。又、飲み会もやっぱり「花の金曜日」でなく、「花の木曜日」にするべきでしょうね。そして「花の木曜日」を目一杯過ごせば、金曜日はやや辛くとも、夜は早く床につく事となり、結果として尚、早起きで順調な休日を過ごせるでしょうね。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
発毛
 7年前程から髪が薄くなってきました。最初は前頭部にふけが目立ち始め、気になるのでそれを取り払っている内に、こすり過ぎで頭皮の表面が傷ついていったのでしょうね。しまいにはかさぶたが出来始め、暫く放置しては小康状態になるものの又、最初から繰り返したりして、そうこうする内に段々と薄毛になっていったのです。一年ぶりにあった親戚等がビックリしてしまうぐらいに様変わりしていたものです。治療について色々と調べた挙句、あの「リーブ21」に通い始めました。6年ほど前からです。金額がビックリするほど高い為に、相当に躊躇しましたが、腹をくくって始めたのです。元通りになるのに3年は掛かると言われましたが、3年間を正規なコースでやるとなると国産自動車の最高級車が買える位の費用が掛かる為に、半年コースに通い始めました。これも一気に半年で元に戻る可能性は薄いし(3年掛かると言われていましたから)、かと言ってあっという間に半年過ぎてしまうと、みすみす3年コースの道を歩まざるを得なくなるのにも抵抗があり、正規の治療ペースの倍くらいの間隔をあけて様子を見ながら通い始めたのです。それでも3ヶ月ぐらいではっきりと髪が増えてきました。そこで悪い事に会社の合併があったのです。髪に悪いのはストレスです。合併から1年間ぐらいは相当なストレスを受けさせられました。治療の効果が会社でのストレスで相殺されて、全く効果が出なくなりました。そうこうする内にコースが終わり、給与の実質的なダウンもあり、「リーブ21」ともお別れする羽目となりました。その後、「ボウボウ石鹸」という、石鹸としてはかなり高いですが、「リーブ21」に掛かる費用とは比べ物にならないくらい安い製品を使っています。遅々たる歩みですが、心なしか増えているような気がします。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
ストレスを溜めない
 ここ2~3年どうしても家に仕事を持ち込む癖がついてしまい、休日も休んだ気がしない事が多かったです。元々、私の職場である建設業の現場なんていうのは仕事がルーチンワークでなく考えれば考えるだけ儲かる類の仕事でしたから、赤字になりそうな現場を任されると、寝ても覚めても何かいい方法がないかを考え続け、夜中でも飛び切りの妙案を思いつくと朝が待ち遠しくてたまらないなんていう事が結構あったものです。そして、それを実現して目標以上の成果を上げた時の達成感も相当なものがありました。(口の悪い人間に言わせれば「ワーカーホリック」だったのでしょうが。)相当な年月をそうして過ごしてきたものですから、簡単に抜ける事もありません。しかし、管理職になってくるとこれは問題はそう簡単に結果が出るものでもなく、期間を短く区切ったとしても1年間の長丁場で、毎年これは更新して繰り返される営みです。こうなると、「ワーカーホリック」は、下手をすると本当に病気になってしまいかねません。結局、「頭の切り替え」がとても大切だと思うようになりました。大体、家に帰ってからも仕事のことを考えて逆に家の事がおろそかになり、その為にどうかすると夫婦喧嘩をしたりして、今度はそれを仕事中も引きづったりして今度は仕事が不完全燃焼となり、又それを家に持ち帰ったり等々と、考えてみれば愚の骨頂です。会社では仕事だけ、家ではプライベートだけでそれぞれで完全燃焼すれば、とりあえずストレスはそう溜まらないでしょう。「頭の切り換え」で健康になろう。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
神頼み
 私は神頼みはしません。今までどんなに強く願ってもかなえてくれた事がないし、結局自分のギリギリの決断で選択して、結果オーライ又は失敗だったというだけだったという事もその根拠になっています。多くの人からは何を当たり前の事を言うのかと言われてしまいそうですが。先日は、実家の老親とその事で論争になってしまいました。彼らは、「お前は生死に関わる究極の経験をしていないから、そういう事が言えるのだ。」と興奮して憤っておりました。確かに、毎朝、神仏に御参りしている人達からすれば、「神頼み等はしない」と面と向かって言われれば、何を不遜な事を言っているのだという事になるんでしょう。人それぞれですから、余りこうした発言は控えようと思った次第です。特に、どこの宗教であれ熱心な信奉者にこれを言ったら、かなりまずい事になりかねないですよね。まあ、私としては、それでもこの世の存在とか成り立ち例えば宇宙や地球及び人間の存在が何によるのか、については何か大きな「意思の力」があるのかなとも思ったりします。(異性人が人間を作ったという仮説もよく見聞きしますが、その異性人はどうやって生まれたのか、となりませんかね。)私は、無宗教ですが、インドの瞑想はします。この瞑想法を指導する組織は宗教団体ではなく、絶対的な存在というものを想定していますがそれにすがる事はしません。自身の瞑想の継続によって、自分のストレスを解消する事のみで周囲との関係をうまく保っていく、只これだけです。所詮、人間ひとり、これぐらいで自分を切り開いていくしかないと思っています。只、こうして生かされている事実に関しては有難く思っています。(感謝の念はあっても神頼みはしないという事です。)


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
最高は手作り
 最近は何でも売っていますので、わざわざ自分で作る事はめったにありません。そんな時間の余裕もないと言うのが主な理由だし、かえって買った方が安くつくという事もあります。しかしその反面、物の有難味も薄れ物を粗末にしてゴミが増え、結局は地球規模で考えれば温暖化の原因の一つにもなっているでしょうし、人間性の喪失つまり元々人間は自然や周囲に生かされているという謙虚さが薄れていく事にもなりかねない、言い換えれば弱い人間というもの実態を踏まえての謙虚な認識が失われていく結果、環境や周囲の人間に対しての薄情な関わり方が常態となって最終的な地球の(というか地球人類の)破滅につながっていくのではないでしょうか。産業革命以前と以後では社会の有り様が格段に変わってきて、それ以前の文化の状態のままであれば、お互いの収奪や侵略等の繰り返しは続くにせよ所詮は人間同士の争いに留まるだけ、傷つくのは人間だけで自然や動物には関係なく平穏無事に地球環境も保たれ続けていったのでしょうが、今は違います。立派な道具に見合うだけの人間であれば良いのでしょうが、言ってみれば子供が車の運転を覚えてしまった様な危うさが社会全般にあると思えます。人間自身が立派な道具を使いこなすだけのレベルに成長するのが先か、破滅するのが先か判りませんが、私としてはかなり危険なところまで行ってしまって相当な被害を被ってから皆が眼を覚ます(生き残っていればの話)のではないかぐらいの危機感を持っています。そして人間自身が本当にレベルアップするとしても数世紀後ではないでしょうか。そうは言っても何もしないでいても脳の無い話です。今の所は自分自身から、物の大事さや無駄にしない事の再確認からスタートするのも良いのではないでしょうか。身の回りの物で手作りできるものにチャレンジするのも、生き甲斐や脳の活性化にも繋がって良いと思っています。私も取りあえずの夢は家を手作りで建てる事です。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
水泳
 毎週末にはゴルフの練習と水泳を継続して早3年以上は経ちます。水泳はゴルフの打ちっ放しの後の体のマッサージを兼ねてやっているのですが、段々に泳ぐ距離が伸びてきています。体力が自然についてくれば当然の事かもしれません。只、そうは言っても冬の寒い日はいくら温水プールとはいっても、感覚的に水の中に入る事への心理的抵抗があるのか、楽しんで行く気分ではありません。今日もそうでした。が、やっぱり泳いだ後は爽快なんですね。これがあるから止められないんです。しかし、最近というか昔からそうなんでしょうか、プールに通っている中高年の人は結構いますね。しかも、皆張り切っていて、こちらも何となくプレッシャーすら感じさせられます。でも、これも日本人の悪い癖でしょうか、どうしても周囲に会わせようと無理をしてしまうのは。最近は特に「KY」(「空気が読めない」の略だそうです。)という言葉が流行っているように、この傾向が強まっていませんか。皆さん無理は禁物ですよ。健康に関してはマイペースが肝心です。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
下駄
 社会人になってから間も無く、何かのきっかけで下駄が好きになりました。当然に夏が多かったのですが、武道の道場への行き帰りは無論の事、現場(職場が建設現場でしたから)への通勤も、買い物へ行ったり街をブラブラする時も、素足に下駄で歩いていたものです。開放感が最高で、ゴム草履やビニール製のサンダル等と違って木製というのは吸湿性もよく、乾燥感といったらよいのか嫌な湿気が残らないので気持ちが良いのです。足の指も開いた状態で歩けますから、きっと水虫予防にも良いんでしょうね。私としてはそうした感覚だけで好んで履いていただけなのですが、やっぱり上には上がいました。古武道の達人の甲野善紀氏ですが、体の運用法の鍛錬として、高い一本足の下駄を履いて自由自在に歩いてみせるばかりか、普通の人なら絶対に捻挫してしまうようにわざとバランスを崩して足首をひねってみせたりするのです。(一本足の下駄ですから、ちょっとでもバランスを崩すと下駄がこけてしまい、物凄く足首が捻られてしまうのです。)恐らくは瞬時に軸足に体重を移動しながら、決して転ばぬようにしているのでしょうが、これに熟練すると人から技を掛けられても転ばされたり、投げられたりしなくなるのでしょうね。人が健康でいるためには足腰を弱らせない事が必須であると、ジョギングやウォーキングがよく薦められますが、この一本足高下駄のウォーキングは足腰だけでなく、全身のバランス感覚を鍛え、ひいては脳細胞の活性化に最高でしょうね。老化防止どころか、若返り以上の効果を与えるのではないでしょうか。高齢者には余りお勧めできませんが、中年(50歳代ぐらいまで)のやる気のある方にはお勧めです。若い人は無理してでもやってみたらよいですよ。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
北総台地
 5年ほど前に千葉県の白井という所に住んでいました。北総台地と総称される地域に含まれる土地です。一時、開発の波が押し寄せていたものの、完全には開発され尽くさなかった為に田舎というよりも何となく荒野のような雰囲気の残る、私としては大好きな土地でした。仕事の関係で埼玉に引っ越してしまったのですが、今でも懐かしく思っています。当時、私の住んでいたマンションの10階の部屋からは、千葉の東の地域から、東京全域及び埼玉南部までが見渡せたものです。都心の高層ビルからの眺めは確かに見晴らしは良いのでしょうが、自分の周囲がビルだらけの為に遠方にかすかに関東平野が望める程度なのに対して、白井の高層(?)マンションからの眺めは、平野の先に都心が確認できる為に、大地の広さを実感できるものがありました。夏の花火シーズンになると、ベランダでビールを飲みながら、千葉市方面の花火や隅田川の花火、埼玉の荒川沿いの花火等の催し物が同時に数箇所見ることができてとても贅沢な気分が味わえたものです。周辺をドライブしていても、高いススキの原っぱが広がり、広大な北総台地を実感できたものです。別荘を建てる程の田舎ではないですが、首都圏の中で空の広さを味わえる貴重な土地と言えるのではないでしょうか。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
登山
 NHKで7日夜に放映された山野井夫妻のドキュメンタリーを、当日は見られなかったのでビデオで撮っておいて見ました。5年前にヒマラヤで遭難しかかり、奇跡の生還を果たしたものの手足の指を相当数失い、本格的な登山を一時はあきらめていたとの事ですが、再度のチャレンジを1300mの未踏峰の岩壁を制覇するというものでした。カメラマンも同行しての撮影が素晴らしく、自分も登っているような気にさせられました。私は高所恐怖症ではないのですが、さすがにああいった岩場を登るという人の気がしれません。直径1cmのロープに命を懸けるというのは、どういう神経の持ち主なんでしょうか。死を恐れないという事なんでしょうか、死んでも山でなら本望という事なんでしょうか、登山器具の安全性や安全確保の為の自己の技量について相当な確信を持っているのでしょうか。とりあえず自分もやってみれば、その内に徐々に判ってくるのでしょうか。今の所はその気にはなれませんが。兎も角はご夫妻の闘魂に感服。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
イッセー尾形
 3年ほど前から、イッセー尾形の一人芝居をよく見に行く様になりました。女房が以前から好きで独りで見に行っていたのですが、誘いに負けて一緒に行ったのがきっかけです。最初は余りいいとは思わなかったのですが、段々に面白くなってきて今では次の公演が待ち遠しくなってきました。このお芝居は、街中でよく見かけるタイプの老若男女の人物像を順番に、7~8人分演じていくだけの構成になっているのですが、最初に見に行った頃は、何かこちらも構えていた様な気がします。つまり、全体を通して何を言いたいのか読み取らなければならないような観念に捉われて、単純に楽しんでいなかったんでしょう。最近は気楽に見るようになった為か純粋に楽しませてもらっています。もっとも、本人の芸自体も以前よりうまくなってきていると思いますし、笑わせ方もストレートで単純明快になってきた様な気がします。しかし、イッセーさんはよく人間観察をされているなあと感心させられます。自分が街中でじっくりと人間観察する暇が無いだけに、このお芝居で世の中には色々な人がいるもんだと勉強になります。只、欲を言えば、最近は演じる人物像の種類が固定化しつつあるようにも思えてきたのも事実です。今後のイッセーさんには、世の中の千差万別の人物像をもっと写し取って、万華鏡の様に演じて頂ける事を期待しております。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
そろばん
 たまに算盤(そろばん)をいじります。1から10まで、更に20まで、気分が乗れば30ぐらいまでの足し算をやっていきますが、指と頭の刺激になります。20年以上前に土地家屋調査士の資格取得を目指していた事があって、この試験は法律の知識と測量図面作成及び面積算出の計算能力を試されるという、スポーツに例えれば近代五種競技(今はなくなりましたか?)みたいに異なった能力を試される趣のある試験でしたが、計算をするのに手計算か算盤使用という制限がありました。1年目の試験は手計算で挑み不合格となりました。これは計算に手間取った為と思い、2年目の時は算盤を使用しての計算時間短縮を目指し、まずは近所の算盤学校に通ったのです。生徒は私のみが社会人で他は全て小学生でした。数ヶ月やってから皆で検定試験を受けに行く事となり、皆が3級に受かり私だけが3級に受からず4級にかろうじて受かるという屈辱を味わいましたが、小学生の皆が慰めてくれたのを思い出します。算盤は結果はともかく本来の目的である資格試験は算盤が威力を発揮して計算も余裕でこなせ、無事に合格となったのです。そうした思い出に浸っていじるのですが、電卓やパソコンと違って計算しているという実感をしみじみ味わえて楽しいものです。絶対、ボケ防止にもなりますね。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
南房総
 昨日今日と千葉の南房総を一泊旅行をしてきました。館山、白浜、千倉、鴨川、勝浦、御宿、大原、一宮、白子、九十九里と一気に回って来ましたが、海岸線の変化に富んでいる様子は素晴らしいですね。初めて行った訳ではないのですが、改めて感じました。又、湘南方面程に一般化し過ぎていないところが、まだ野性的な雰囲気が残っていていいですね。館山や白浜の明るく洒落た南欧風な感じ、鴨川から御宿まで海岸線のとても日本的な海の感じ、大原から九十九里までの外洋の壮大さ等が決して退屈させません。又、館山で昼食を摂った寿司の白浜屋名物のいなか握りはネタの肉の厚さとシャリの大きさ、旨さに脱帽しました。鴨川で立ち寄った仁右衛門島は、港からわずかな距離を手漕ぎ船で渡る小さい島ですが、岩場あり高台あり洞窟あり詩碑あり熱帯的樹林の小ジャングルありのとても面白い島でした。南房総は最高!


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
医は仁術
 黒澤明監督の「赤ひげ」を見ました。三船敏郎の演技も相変わらず凄みがあり、加山雄三も初々しく、清々しい映画でした。子役には「どですかでん」の頭師佳孝も出ていましたが、小さい頃から演技がうまかったんですね。ストーリーは正に「医は仁術」を訴えていて、今の医者の再教育に使ったらどうかと思わせるものがありました。現在は、対症療法的な事に関しては長けているのでしょうが、人間というものをどこまで把握しているのかと考えさせるような医者が多すぎます。赤ひげは、その人の病気の原因を周囲の環境から分析しています。薬に頼らずに、病気の原因となっている環境から直そうとしています。これが「医」の本道だと思います。現在は全て「医は算術」になっています。心ある医者及び医学生よ立ち上がれ!


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
 「酒は百薬の長」などと理屈をつけて、正月の2日間だけで日本酒を1升は飲みました。大晦日を含む年末の3日間も身内の忘年会やらで結構飲みましたし、その前は会社や友人との忘年会が12月中に5回はありました。今日も身内の新年会、明日は会社の新年会ともういい加減にしないとと思うほどです。まあこれぐらい飲み続ければ、暫くは酒を断って健康的な日常生活に戻り仕事に専念出来ると思います。思えば、朝から酒を飲んでから、気分のいいまま散歩に出かけ、帰宅してから腰を落ち着けて飲みなおしたりと、1日を全く酒飲みの本能のままに過ごせるのは幸せな事です。これも年に一度の自分へのご褒美と思えば、自分としては納得づくの事です。又、タバコと違い酒は周囲への環境汚染を及ぼしたり、明らかに自らの健康を害している訳でもないので、許されると自分なりに解釈しているから尚の事です。当然に酒は楽しく飲まなければいけません。さて暫くは日常生活に戻って仕事に専念し、贅沢を言えば、秋頃に沖縄あたりの浜辺で焼酎でも飲めたら最高!


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
トム・ハンクス
 「ターミナル」を見ました。トム・ハンクスとキャサリン・ゼタ・ジョーンズの共演の映画です。トムが物凄く素朴な青年を演じ、キャサリンが純粋な乙女を演じていました。主人公のトムは共産圏からの入国者で、アメリカの空港に着陸する直前に自分の国で内戦が始まった為に国籍の無い人となってしまい、空港から出られなくなってしまうのです。空港の中でアルバイトをしながら空港を出られる日を待ち続けるのです。彼は純粋で嘘のつけない性格の為に周囲の人から愛されます。そして、キャサリン演じるところのスチュワーデスと出会います。二人は愛し合うようになります。しかし、結局のところ彼は振られてしまいます。でもその事で彼はアメリカに来た目的を達成できるのです。心から愛する父の欲しがっていた父の憧れのジャズマンのサインをもらい、父に捧げるのです。


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
千の風になって
 新年明けましておめでとうございます。昨晩のNHK紅白歌合戦もやっぱり見てしまいました。他局の番組(格闘技など)も合間に見ながらでしたが、いい歌手の歌はやっぱりいいものですね。中でも秋川雅史さんの「千の風になって」には正直言って感動しました。秋川さんの声量もさることながら、歌詞にしびれました。何でも作詞者不詳でありながら世界中で色々なセレモニーで使われてきた詩を新井満さんが訳詞したんだそうですね。「私のお墓の前で泣かないで下さい。私はそこにはいません。死んでなんかいません。千の風になって大空を吹き渡っています。」という詩のスケールの大きさや爽やかさは、悲しみに浸って泣いているばかりの残された人々への励ましとしては最高のものではないでしょうか。このような詩を見聞きした事がありません。苦しさや悲しさを吹き飛ばし強く生きる力を頂いた気がします。氏名不詳の作詞者さん、訳詞作曲の新井満さん、素晴らしい歌声の秋川さんに感謝!


充実した生活情報提供ブログTOPへ
リラックス カントリー 生活スタイル
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。